メンバー紹介

平田 清志 Kiyoshi Hirata

36歳、宮崎県門川町出身。

自身が難病の「網膜色素変性症」という、夜盲と視野狭窄が症状の視覚障害があり、様々な挫折や苦悩を乗り越えながら、夢や目標達成のために邁進中。
大学では社会福祉学を専門に学び、これまで視覚障がい者団体の設立や、就労移行支援事業所Blue Oceanの開設責任者として携わってきた。
その経験を活かし、早期から子どもたちに就労の楽しさや意識、ITスキルを教えたいという熱い想いを持っている。
また、障害をオープンにして子ども達と接する中で、子ども達には自分とは異なる障害を持つ者が、日常生活で感じる困難な部分を肌身で感じて知ってもらい、コミュニケーションを重ねることで、(目の不自由な)他者に言葉で的確に状況を説明する力や、相手の状況を想像する力を育んでいってもらいたいと思っている。

・宮崎県網膜色素変性症協会(JRPS宮崎)幹事
・宮崎県立明星視覚支援学校 学校評議員会 学校評議員
・宮崎県難病団体連絡協議会 会長

保有資格:社会福祉主事、同行援護従業者(応用)、MOS2010 Master

主な講演実績:明星視覚支援学校、宮崎県視能訓練士会、川南図書館

取材:宮崎日日新聞、MRT宮崎放送

木下 大輔 Daisuke Kishita

宮崎県都城市出身。
宮崎大学工学部環境ロボティクス学科卒業。
宮崎大学職員を経て、現在の仕事に出会う。
ボランティアとして、みやざきっず車椅子陸上大会の企画•運営に関わる。
その他のボランティアにも積極的に参加。
生まれつきに先天性脳性麻痺とヒルシュスプルング病を持っており、日常生活は車椅子を使用。
両親が将来を見据えて「自分のことは自分でやらせる。できないことは人に頼むか工夫をして自分で解決する」
スタンスで接し続け、持ち前の負けず嫌いの性格とで、なんでも挑戦するマインドを持つ。
学生時代にプロ野球選手を目指すも、どれだけ頑張ってもプロ野球選手にはなれないことを悟る。
挫折を経験しながら、その後、パラリンピックで金メダルを獲得する夢を持ち、現在も夢に向かって日々トレーニングを続けている。
障がいがあってもそれぞれに能力と挑戦力を持ち、一人一人が夢を実現させていくことを目指し、障がい者の教育を改革するという大きな夢を抱き、ブルーオーシャン教室長として励んでいる。

主な受賞歴
・第1回宮崎大学ビジネスプランコンテスト
 グランプリ受賞
・第17回大学発ベンチャー・ビジネスプランコンテスト 
 グランプリ受賞
・第14回キャンパスベンチャーグランプリ全国大会 
 文部科学大臣賞 テクノロジー部門大賞
 TOMODACHI賞(シリコンバレー留学)

星﨑 大典 Daisuke Hoshizaki

23歳、宮崎市高岡町出身。

2021年3月、宮崎大学工学部情報システム工学科卒業。

同年4月~9月、Blue Ocean利用期間を経て、10月より株式会社ボラシェアでIT事業部にて勤務開始。

大学時代に学んだ知識を活かし、Webサイトの改修や、Blue Ocean座学での資料作成に取り組む。

脳性麻痺による両上下肢機能障がいにより車椅子生活。

公共交通機関を使って通勤するなど新たなことにも挑戦中。

不安や葛藤を感じながらも、これから生きていく上で視野を広げるため、誠実に物事に取り組み人として成長できるように努めている。

主な実績:「平成24年度 少年の主張宮崎県大会」優秀賞受賞

取材:宮崎日日新聞